調査依頼はこちら

知りたいことや困っていることについて
あなたの特命取材班(あな特)へ
ご要望や情報をお寄せください!

LINE

LINE友だち登録またはQRコードから友だちに
なってチャットしてください。

LINE友だち登録から友だちに
なってチャットしてください。

QRコード

友だち追加

専用フォーム

Twitter
」ハッシュタグを付けて投稿してください
Facebook
「#あなたの特命取材班」ハッシュタグを付けて投稿してください
専用Fax
西日本新聞あなたの特命取材班092-711-5110
郵便
〒810-8721
西日本新聞社編集局「あなたの特命取材班」係

FAQ よくあるご質問

あなたの特命取材班に関して、
みなさまから寄せられた質問とその回答をご紹介します。

「あなたの特命取材班」って何ですか?
西日本新聞の記者がLINEなどを使って読者と直接つながり、「知りたい」にこたえるオンデマンド調査報道(JOURNALISM ON DEMAND)です。
暮らしの疑問や地域の困り事、企業や行政の不正の告発などさまざまな調査依頼を受け付け、双方向のやりとりと新聞社の取材力で疑問の解消や地域・社会の課題解決を目指します。
すべての疑問にこたえるのは難しいかもしれません。それでも、「一人を大切に」との思いで取材して書いた記事が多くの人の役に立ち、地域や社会がより良い方向へ進めば、大きな喜びです。
これまでにどれくらいの情報提供があって、どれくらいの記事が載っているの?
あなたの特命取材班がスタートした2018年1月以降、1万件を超える調査依頼や内部告発などの情報が寄せられています。2020年3月現在、約370本を記事化しました。記事化にはつながらなかったものも、さまざまな報道に生かさせていただいています。
情報源は秘匿してもらえますか?
取材源の秘匿は厳守しております。LINEや投稿フォームを通じたやりとりは外部に見られることはありません。ご安心ください。
取材依頼や情報提供をしたら必ず取材してくれますか?
日々、多くの情報や取材依頼が寄せられております。特命取材班の記者はできるだけ多くの依頼にこたえようと、取材に駆け回っておりますが、記者の数が限られており、残念ながらすべての依頼にこたえることはできません。ご理解いただければ幸いです。同じ理由で、取材の可否や進捗状況についても個別の回答はいたしかねます。
ただ、すべての投稿に特命取材班の記者は目を通しており、今後の報道や問題提起に生かしてまいります。
LINEのアカウントは本当に記者が返信しているの?
LINEの投稿については、すべて特命取材班の記者が見ており、返信も行っています。ただし、土曜、日曜と祝日に関しては、自動応答にさせていただいております。自動応答の場合も、記者は逐一、投稿を確認しております。
「JOURNALISM ON DEMAND」って何ですか?
読者の「知りたい」にこたえるオンデマンド調査報道を意味する西日本新聞の造語です。従来の報道は読者が「知るべき」情報、そして記者が「知らせたい」ニュースに重きを置いてきました。それらに加えて、読者の「知りたい」にこたえるい調査報道を展開していくことで、報道への信頼性を高め、より良い社会をつくっていきたいと考えています。
「JODパーナーシップ」とは何ですか?
あなたの特命取材班と同じように、オンデマンド調査報道(JOURNALISM ON DEMAND=JOD)に取り組む全国各地のローカルメディアと連携協定を結んでいます。①オンデマンド調査報道のノウハウ②読者から寄せられる調査依頼や告発などの情報③お互いのJOD記事―を共有し、時には協働して取材に当たっています。お互いの報道の質を高め、全国規模で連携して課題解決を目指すのが目的です。なお、報道機関同士で情報を共有する際も、取材源の秘匿は厳守します。